腰椎分離症という疲労骨折で悩むお子様。そして親御様と指導者に伝えたいことがある

腰椎分離症になってしまった悩む子供達と環境

なぜ?分離症になるのかを簡単にまとめてみた。

腰椎分離症の多くは下部の腰椎で発生することが臨床上多くみられる。

また普通に生活しているだけだ約5%の人でも腰椎分離症になっている。成長期の運動選手の場合20%で分離症になる

つまり5人に1人は腰椎分離症になりそこから腰椎分離すべり症へ進行する場合もある。

成長期に多いという理由は骨が縦軸に成長するのに対して筋肉の長さが付いていかない期間などの状態が起因で発生することだ。

そして身体の悪いコンディショニングでさらに運動して柔軟な働きができない状態なのにダッシュや長距離、回旋運動、ジャンプ、屈む動作が過度に腰に負担が掛かり腰椎分離症(腰の疲労骨折)に移行するケースが激高と言われている。

 

 

なぜ?『腰椎分離症になってしまった』とういう原因を本人や指導者を指導し理解してもらう環境が大切だ。

成長というものはそれぞれの身体の機能と感情(メンタル)も成長しなければまた、同じことを繰り返し失敗(故障)を起こす可能性がある。

失敗をしてもいいんだ…大事なのはそのあとの嫌な感情が失敗した恐怖で終わらず、『経験』という感情に切り替わりを見せたとき人は覚醒した身体と精神を手に入れられる。

 

理由その1

メディアからただの治療院じゃない!取材の依頼。

■身体のエキスパートである『自衛隊』から演会のオファーが来るプロ整体師

【重要】

あなたはこんな経験ありませんか?

※大学病院や整形外科で検査(レントゲン)のみでか『様子を見て下さい。』で終わり、もしくは痛み止めとシップで生活。

※整骨院や整体・カイロプラクティックいってマッサージ、ボキボキ、グキッ。

電気治療を受け、翌日には症状が戻る。

こういったものを対処療法といいます。

一時的にには効果があったとしてもまた翌日に戻ってしまう。ということは、

本当の原因は取り除いていない。取り切れてないから翌日に痛みが戻るのです。

当院では病院・整形外科・一般的な整骨院・整体院と違い、その場限りの痛みを取って終わりとする施術は致しません。

痛みを取ることは通過点です。患者様が良い未来を得るためには根本原因を取り除き、そして再発をしないカラダを作る。もし戻ってしまうような悪い環境などでも、ご自身でできるプチ整体法を指導させていただき、少しでも不安を解消し痛みのない良い未来を導くことを目的としています。

 

理由その2

院長はプロ野球選手及び首都大学野球部のコンディショニングトレーナーとしての経験があります。

高校野球部やボーイズリーグの学生及びスポーツを愛する方々のケガをしないコンディショニングを提案しパフォーマンスに繋がる技術を提供致します。

あなたの治したい気持ちが強いほど力になれます!!

 

理由その3

当院ではエコー検査を実施しています。

骨折の有無・炎症の度合い・腫れの度合い・肉離れの傷の深さを判断するのに、容易で早期発見には必需品ですね。

野球部の肘関節。膝関節。足首捻挫。指関節。シンスプリント。などを観察することが多いです。

ケガで重症の可能性があるもの対して積極的に使用しています。重篤な症状にならぬよう早期発見するにはとても活躍するエコー装置です。

理由その4

骨盤軸整体 

 

院長が骨盤調整のスペシャリスト!

上手く使えてない筋肉を正しく回復させる

栃木県で第1号『産後の女性の身体を回復させる』認定証をいただいております。

骨盤がズレてる? 骨盤が開いてる? 骨盤が歪む?

と思われている方はたくさんいますよね。

本当の事実は骨盤がズレる、開く、歪む、ということはあり得ません。

筋肉が上手く使えなくなっただけなので、正しく使えるようにしてあげれば、不調はどんどん改善します。

  • 産後の腰痛
  • 反り腰
  • 尿漏れ
  • 産後の骨盤締め
  • 姿勢・バランス改善率99%

リバウンドなし骨盤整体。あなたも実感しませんか?

理由その5

■当院は酸素カプセルを導入しています

酸素カプセルの効果

  • 疲労回復・健康増進
  • 美肌・アンチエイジング
  • ダイエット・美容
  • ストレス解消・睡眠不足
  • ケガの治癒促進・慢性症状改善

酸素カプセルはアスリートが試合前や試合後に当たり前のように入るようになりそれだけ世界的にも効果が高いと認められているのではないでしょうか。

当院では施術後に入ることで、施術の効果が引きあがり体が覚醒する状態になります。

酸素カプセルだけでも効果は上がりますが、施術と併用していだくことでより高い効果を生み出します。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事