院長紹介

院長紹介

メディアから『ただの治療院じゃない!』と推奨されるほどのプロの整体師

かりん整骨院 院長 福田 佳正

はじめまして。かりん整骨院院長の福田です。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私は小学3年生から野球を始めました。しかし小学4・5年生の頃は野球が大嫌いでした。

野球の楽しさが全く感じられなくなってしまったのです。せっかちな父親は私に『辞めるのか?』『続けるのか?』と蔵に入れられ平手打ちされ怒鳴られ悩む日々でした。

しかし『辞める』って絶対言いたくなかった…

その小学6年生になり仲間に助けられ野球の練習に参加するようになりました。やっぱり野球は楽しいんだな…なんて思っていました。しかし2年間野球と距離を置いていたためなのか、投げ方が全く分からなくなり監督に小学3年生の頃のいい投げ方だね…と褒められた投げ方とはかけ離れていました。

そしてある日の練習中、ボールを投げたときに肩に痛み走りました。その頃は大したことないと思い練習を痛いながらも続けていました。やっと野球の楽しさが芽生えて来たタイミングで、また離脱したくない気持ちでいっぱいでした。

肩の痛みは残存していましたが中学生ではしっかり野球をするんだと決意し投手を希望で入部。三年生の時にはキャプテン就任と投手を任されました。とても充実する日々を送る予定でした…

ある朝起きて、肩が痛いのと人差し指と中指が震えているのです。もちろん腕を少し動かすだけで激痛。呼吸しても痛かったのを鮮明に覚えています。そして病院で精査してレントゲンとMRIの結果は、腱板部分断裂と関節唇損傷でした。その後、数カ月投げれないもしくは手術と言われたときは絶望的でした。でも中学生の部活動は意外と短いのです。手術したら三年生終わってしまう…焦りも出てきたりして、試合の一週間前から病院の先生にお願いし、肩には痛み止め注射2、3本を打って、ロキソニンは毎日飲む日々でお腹の調子も悪いことが多くなりました。

もう自分の身体がなんでこんな故障ばっかりするんだよ…と自分に問う時間が多くなり、悩むばかりでした。身体の柔軟性や体の使い方ばかり考える日々…。自分で参考書、身体の構造、知人のスポーツトレーナーの指導を受けたりもしました。自分なりにストレッチやトレーニングを積み重ねました。

肩で有名な病院・整骨院・整体・鍼などあらゆる治療院に行きました。しかしボールを投げれば肩が痛い生活は高校3年生まで続き、最後の夏の大会は監督さんの計らいでマウンドに立ちましたが、ボールを投げると呼吸ができないくらい肩と背中に激痛が繰り返す。私の高校野球は不完全燃焼で終わりました。

この時に感じた悔しさを晴らせることが出来るのはこの資格だ!とピンときて東京の専門学校に入学。昼間は修行し夜間部として通い国家資格を所得しました。

国家資格所得後は、全国の達人的な治療家の勉強会に行き技術と施術家の在り方を学び、当院の施術法を磨き上げ平成24年の開業以来プロ野球選手やプロ競輪選手などのトップアスリートやアマチュア、慢性的な痛みや難病で悩む方を含むのべ5913人の施術を行ってきました。

当院のコンセプトは悪い未来ではなく良い未来へ】です。

私のように、痛みで呼吸困難になり苦しい人生を歩んで欲しくない未来のために。

あなたの一日の大切な時間の中で病院で薬とリハビリして改善が良くないのにつづけている…

整骨院や整体院でも毎日同じ治療で変化が見られない…

もっと早く治したい…

そう思っているあなた。

迷っているあなたを改善へ導くそして当院と出会うことで人生が変わります!

 

次はあなたを治療する番です!

昔の私みたく身体の痛みと長期的な悩みで不完全燃焼にならないように、かりん整骨院は全力でサポートしていきます。